メッセージ / 企業理念

  • 白鳥社長の肖像
  • ごあいさつ

    ダッドウェイは1992年に誕生しました。
    弊社のコンセプトはお父さんの育児を、
    面白く楽しくするような商品や企画を提案し、
    お父さんの育児参加を積極的に促していくことです。
    創業当時の日本では子育ては母親の仕事だと決めつけられていました。
    しかし、私はわが子が生まれてまもなく、自然の中に子供を連れ出して、
    キャンプなどのアウトドア遊びを通じてわが子と深く接し、
    育児はたいへん忍耐を要する、骨の折れる作業ですが、
    その苦労をしてもなお余りある喜びと充実感を与えてくれるもの、
    そして自己を成長させてくれる最高のチャンスなのだと痛感したのです。

    「こんな素晴らしい作業である育児を
    母親だけにさせておくのはもったいない!!」そう思い、
    ダッドウェイを設立したのです。
    以来、世界中からおもしろ楽しい育児グッズ、知育玩具を探し出したり、
    オリジナル商品を企画したりしてきました。
    ダッドウェイのスタッフはみな、レイチェル・カーソンの提唱する「The Sense of Wonder」* の感性を大切にしています。
    豊かな感性をもって、このかけがえのない地球を
    笑顔あふれる家族でいっぱいにしたい・・・・
    それがダッドウェイの望みです。

    * レイチェル・カーソン……米の女性生物学者(1907-1964)。没後に出版された「The Sense of Wonder」は甥のロジャーと過ごした日々を、広大な自然とのふれあいを通して描いた世界的ベストセラー。幼少時から自然の不思議さ・素晴らしさに触れることの大切さを説き、自然環境教育のバイブルとなる。

代表取締役社長
白鳥公彦
白鳥社長のサイン

企業理念

わたしたちがめざすこと

お父さんの子育てを
もっとおもしろ楽しくしたい!

笑顔のあふれる家族でいっぱいに ダッドウェイはしあわせな家族づくりを お手伝いします。
私たちの夢は世界中のお父さんに育児のおもしろさと楽しさを伝え、
この地球を笑顔あふれる家族でいっぱいにすることです。
そのために全社員がお客様のために何ができるかを絶えず考え、工夫して仕事に従事してゆきます。